Philosophy

Concept

Concept

キャリパーの考え方The concept of Caliper JAPAN

米国キャリパー社の創業者であるハーバート・グリーンバーグ博士は、10歳で失明しました。博士が初めて就いた仕事は、ニューヨーク市社会福祉局で失業者をサポートするカウンセラーの仕事でした。そこで、人の心に強く惹かれた博士は、1955年にNYU(New York University)で心理学と人間関係学の博士過程を終え、最優秀の成績で卒業します。しかし、就職のために600通の応募書類を送ったにもかかわらず、面接までたどり着けたのはわずかに3社。結局、どこも採用してくれませんでした。

その後、運良く心理学の教職に就くことができたのですが、そのとき同僚から「大手の生命保険会社が、心理学を応用して優秀な営業マンを採用することができないか研究している」と相談を受けたのです。博士がテストを開発した目的はただ一つ。自らの就活体験から、企業や組織が「どうしたらその仕事で大きな成果を上げられる人材を見極められるか、その方法を突き止める」ことでした。それは、経験や学歴を問うものではなく、まさに、その人がどのような人間なのか、そして、その人の心の中にある「モチベーション(潜在的な動機)」がどのようなものか、それを探るためのツールだったのです。

現在、私たちキャリパーが対応していない職種はほとんどありません。これまでに400万人以上の人材分析を手掛け、数多くの職務分析やエグゼクティブ・コーチングもお手伝いしています。その範囲はジョブマッチングにとどまらず、 状況に応じてエグゼクティブの配置や育成を手掛けるまでになっているのです。さらには、プロスポーツの世界でも同様に活用され、アメリカンフットボールやベースボール、バスケットボール、それにアイスホッケーなどの選手についても評価を行っています。


Job Matchingジョブマッチング

キャリパーの人材評価およびコンサルティングサービスは、選抜、開発、組織の業績向上等あらゆる人材に関する課題において、論理的で客観的な意思決定を必要としているお客様に対して、専門的なアドバイスをご提供いたします。その核となるサービスは、内的動機測定による深層心理評価をベースとした「ジョブマッチング®(人と仕事の最上の組み合わせ)」をあらゆるアングルから正確に評価することから始まります。内的動機を測定するという科学的な手法と、過去の評価実績件数250万人以上のデータベースによる統計的アプローチにより、効果の高いソリューションサービスをご提供いたします。

Job Matching

Teamnessチームネス

個が強みを発揮しているチームは、組織にとって何よりも力強い存在です。その状態を的確に示す言葉として、私たちは「チームネス」という言葉を「ジョブマッチング®」に次いで注目しています。チームネスとは「チームの重要な役割を機能させるため、メンバー間の行動が噛み合っている状態」を指し、私たちが400万人のアセスメントデータから得た250種類の手本となる行動モデルを活用し、チームネスを強化する方法をお伝えしています。

Teamness